リースバックを利用した自宅を再売買する方法と押さえるべき注意点

リースバックを利用した自宅を再売買する方法と押さえるべき注意点

リースバックを利用すれば、売却した自宅を再売買できる可能性があります。リースバックとは、具体的にどのような仕組みなのでしょうか。このページでは、リースバックの基本的な仕組みを解説するとともに、自宅の再売買方法、再売買価格の相場などを解説しています。リースバックを利用して、一時的に自宅を売却したいと考えている方は確認しておきましょう。

リースバックの仕組みと物件の再売買

リースバックを利用した自宅を再売買する方法と押さえるべき注意点

リースバックは、リースバック業者へ自宅を売却して、まとまった資金を確保したうえで、新しいオーナーと賃貸借契約を結び、賃貸住宅として自宅に住み続けられる仕組みです。売却でまとまった資金を確保できる点と、売却後も自宅に住み続けられる点が主な特徴といえます。

ここで気になるのが、一般的な不動産売却との違いです。具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

一般的な不動産売却とリースバックの不動産売却の違い

一般的な不動産売却とリースバックを活用した不動産売却では、不動産の売却価格が異なります。具体的な売却価格はケースで異なりますが、リースバックを活用すると一般的な不動産売却の7~8割程度の売却価格になるといわれています。

単純に売却価格だけで比べると、一般的な不動産売却のほうがお得です。しかし、リースバックには、独自のメリットがあります。代表的なメリットとして挙げられるのが、売却代金を確保したうえで自宅に住み続けられることです。

一般的な不動産売却よりも、スピーディに自宅を現金化できることもメリットとして挙げられます。これらとあわせて押さえておきたいのが、売却した自宅を将来的に再売買できることです。

将来的に再売買が可能

リースバックの契約を結ぶときに、将来的に再売買できる権利を付けておけば、決められた期間内に決められた金額を支払うことで、売却した自宅を再購入できます。リースバックならではの特徴なので、売却価格が低くなったとしても、リースバックを選びたいと考える方が多いようです。やむを得ない事情で自宅を売却してまとまった資金を確保しなければならない方にとっては、魅力的な仕組みといえるでしょう。

ただし、すべてのリースバック業者が、自宅の再売買に対応しているわけではありません。将来的な再売買を希望している場合は、再売買に対応しているリースバック業者を選ぶ必要があります。また、再売買価格も確認しておきたいポイントです。具体的な金額はケースで異なりますが、再売買価格の相場と再売買価格の計算方法は以下のようになっています。

再購入費用の計算方法と価格相場について

再購入費用の計算方法と価格相場について

リースバックで自宅を売却した場合、再売買価格はどれくらいになるのでしょうか。再売買価格の相場と再売買価格の計算方法を解説します。

再売買価格は実際の売却価格よりも高くなる

リースバックの再売買価格は、売却価格よりも高くなることが多いと考えられています。売却価格に以下の費用が加算されるからです。

売却価格に加算される費用

  • 売却時にかかった費用
  • 再売買時にかかる費用
  • リースバック業者の利益(ケースによっては)

具体的には、登記費用や不動産取得税、固定資産税、人件費などにかかった費用が加算されます。これらの合計額は、売却価格の1割以上になることが多いようです。リースバック業者が損をする価格設定になることは少ないので、基本的には売却価格よりも高くなると考えておくほうがよいでしょう。

再売買価格の計算方法と価格相場

具体的に、再売買価格はどれくらいになるのでしょうか。再売買価格の相場は、売却価格の110~130%程度といわれています。したがって、再売買価格の目安は以下の計算式で求められます。

再売買価格の計算方法
再売買価格=売却価格×110~130%

例えば、売却価格が2,000万円であれば、再売買価格は次のようになると考えられます。

・2,000万円×110~130%=2,200~2,600万円

同様に、売却価格が1,500万円であれば、再売買価格は次のようになると考えられます。

・1,500万円×110~130%=1,650~1,950万円

以上の金額は、あくまでも目安です。実際の再売買価格は、個別に確認する必要があります。いずれにせよ、リースバックの再売買は、一般的な不動産売却よりも条件的には悪くなります。愛着のある自宅を再購入したいなど、目的を明確にしたうえで利用するべきといえるでしょう。

再売買を検討するなら知っておきたい注意点

再売買を検討するなら知っておきたい注意点

リースバックで自宅の再売買を希望している方は、以下の点に注意が必要です。

リースバック契約締結時に物件の再売買を確認

自宅の再売買を希望している方は、リースバック契約締結時に物件の再売買が可能であることを確かめておきましょう。契約内容によっては、希望を実現できないことがあるからです。

再売買できる場合も、契約書にその旨を記載しておくことをおすすめします。口約束だと、申込んだときにリースバック業者との間で水掛け論になることや、リースバック業者が第三者へ物件を転売して約束が曖昧になってしまうことがあるからです。契約書に記載しておけば、無用なトラブルを防げます。

再売買の金額と時期は「固定」か「変動」か

再売買の金額と時期は「固定」か「変動」か

再売買の時期と金額にも注意が必要です。再売買の時期と金額には、「固定」と「変動」があります。ここでいう「固定」とは、契約時に再売買の条件を決めておくことです。例えば、再売買の価格を1,000万円とする、再売買できる時期を10年以内とするなどが当てはまります。「変動」は、契約時にこれらの条件を定めないことです。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、リースバックを利用する方にとって最も有利と考えられているのは、再売買価格を「固定(契約時に確定)」にして、時期を「変動(いつでも再売買できる)」にする契約です。この契約内容であれば、じっくりと再売買に備えられます。

賃貸契約の契約内容をしっかり確認

再売買を希望している場合は、賃貸契約の内容もしっかりと確認しておく必要があります。基本的に、再売買は賃貸契約を守ることが条件になっているからです。

例えば、家賃を数カ月滞納すると、再売買の権利を失う恐れがあります。賃貸契約の内容を確認して、その内容を守るようにしましょう。

リースバックをお考えならイエするに!

リースバックをお考えならイエするに!

自宅の再売買を検討している方は、リースバック専門店の当社「イエする」で相談してみてはいかがでしょうか。当社の再売買の特徴は以下の通りです。

イエするの再売買の特徴

イエするは、リースバック契約締結時に、再売買のお約束をいたします。再売買価格は「固定(契約後に価格が上昇することはありません)」、再売買時期は「変動(お客様のご事情に合わせて再売買が可能です。)」です。

何かしらの理由でご希望を実現できない場合も、ご自宅から退去していただく必要はありません。多くの方に安心してご利用いただけます。

再売買をご希望の方はお気軽にご相談ください

イエするでは、リースバックの専門家が「必要な資金の額」と「お支払い可能な家賃の額」をお客様からおうかがいしたうえで、最適なプランを提案させていただいています。エリアを限定せず、日本全国の物件に対応している点も強みです。将来的な自宅の再売買を見据えている方は、イエするまでお気軽にご相談ください。

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る