リースバックが家の住み替えに最適な理由を事例を交えて解説

リースバックが家の住み替えに最適な理由を事例を交えて解説

家の住み替えを検討しているものの、資金や引越しなどの問題を抱えて困っていませんか。具体的に検討を進めると、気づいていなかった問題が見えてくるので困りますよね。家の住み替えを検討している方は、リースバックを活用してみてはいかがでしょうか。目の前の問題をまとめて解決できる可能性があります。リースバックが家の住み替えに適している理由を解説いたします。

「家の住み替え」にリースバックがおすすめな理由

リースバックが家の住み替えに最適な理由を事例を交えて解説

リースバックは、リースバック業者に自宅を売却して、新しいオーナーと賃貸借契約を結び、自宅に住み続ける仕組みです。ひと言でまとめると、不動産売却と不動産賃貸が一体になった仕組みといえます。リースバックが家の住み替えに適している理由として、以下の2点が挙げられます。

迅速な資金調達が可能

リースバックを利用すれば、住み替えに必要な資金を速やかに調達できます。リースバック業者が、自宅を買い取ってくれるからです。自宅の現金化に必要な期間はケースで異なりますが、平均で2週間程度といわれています。(当社「イエする」であれば、最短5日で現金化が可能です。)

もちろん、通常の不動産売却で自宅を現金化することもできますが、買主を探さなければならないため、売却を検討してから現金化まで3~6カ月程度かかるケースが多いといわれています。物件によっては、6カ月以上たっても買主を見つけられないことがあります。内覧の準備や条件交渉など、諸々の手間がかかる点も見逃せません。リースバックを利用すれば、時間と手間をかけずに住み替えにかかる資金を調達できます。

自宅の売却後も同じ家に住み続けることが可能

リースバックは、賃貸借契約を結び売却した後も自宅に住み続けられる仕組みです。新居を建築している場合、完成するまで現在の自宅に住み続けることができます。したがって、仮住まいに引っ越す必要はありません。通常であれば、2回引っ越さなければならないところを、1回の引越しで済ませられるのです。

荷物が多くなると、引越にも多額の費用がかかります。リースバックを利用すれば、引越しの手間だけでなく、引越しにかかる費用も減らせます。だから、家の住み替えに適しているのです。

「家の住み替え」にともなうリースバックの活用事例

「家の住み替え」にともなうリースバックの活用事例

リースバックを家の住み替えに活用すると、どのような問題を解決できるのでしょうか。続いて、リースバックの活用事例を紹介いたします。

活用事例①:新居探しの苦労をリースバックで解決

Aさん(65歳)は、住宅ローンを完済した自宅の売却を検討していました。これから必要になる老後資金を確保するためです。住み替え先の候補として、賃貸住宅を検討していました。譲れない条件として挙げていたのが、大型犬を飼えることです。Aさんは、家族の一員として大型犬を飼っています。

「最近はペット可の賃貸住宅が増えているから住み替え先は簡単に見つかるだろう」と考えていたAさんですが、実際に住まい探しをはじめると、大型犬の飼育を認めてくれる賃貸住宅は見つかりませんでした。「このままだと老後資金を確保できず、生活が不安定になってしまう」と悩んでいたところ、友人からリースバックを活用すればよいといわれたそうです。

リースバックについて調べたAさんは、早速リースバック業者に相談。現在は、老後資金を確保したうえで、大型犬と一緒に住み慣れた自宅で生活を送っています。

自宅を売却して老後資金を確保

Aさんは、リースバックで自宅を売却して老後資金を確保しました。相談から売却代金の振込までわずかな期間しかかからなかった点に満足しているそうです。売却代金を活用して、安定した老後生活を実現しています。

大型犬と暮らせる新居も確保

Aさんは、大型犬と暮らせる新居として「住み慣れた自宅」を選びました。リースバックを利用すれば、大型犬と暮らせる賃貸住宅を探す必要はなかったのです。

新しいオーナーと、速やかに賃貸借契約を結べたことにも満足しています。住み慣れた環境で暮らせるため、夫婦にとっても、愛犬にとってもベストな解決策だったとおっしゃっています。

活用事例②:新居への引っ越し時にリースバックを活用

活用事例②:新居への引っ越し時にリースバックを活用

1人目の子どもが生まれたときに購入したマンションで暮らしていたBさん(40歳)。2人目の子供が成長して、マンションが手狭になったため戸建てへの住み替えを検討していました。とはいえ、戸建ての購入には頭金が必要です。また、マンションの住宅ローンも残っています。そこで考えたのが、マンションの売却です。売却代金で住宅ローンを一括返済して、残った分を戸建ての頭金に充てようと考えました。

住宅ローンの残債が少なかったため、Bさんの希望を実現できることはわかったのですが、新たな問題が発生しました。新居が完成していないため、マンションを売却すると仮住まいへ引っ越さなければならないことがわかったのです。子供2人を連れて2回も引っ越すことは面倒だと感じたBさんは、解決策としてリースバックを利用することにしました。

リースバックを利用したBさんは、資金を確保したうえで、新居が完成するまでマンションに住み続けることができました。

リースバックで使途に制限のない資金を確保できる

Bさんは、リースバックを活用して新居の頭金を確保しました。リースバックは自宅を担保にした融資ではなく自宅の売却であるため、確保した資金に使途の制限はありません。したがって、新居の頭金などに使うことができます。

リースバックでは売却後も自宅に住み続けられる

Bさんは、新居が完成するまで、売却した自宅に住み続けました。賃貸住宅として売却した自宅に住み続けられるため、このような対応が可能になっています。リースバックは、住み替えに適している資金調達手段といえるでしょう。

「家の住み替え」にリースバックを利用するならイエするに

「家の住み替え」にリースバックを利用するならイエするに

リースバックは、自宅を売却したうえで、新しいオーナーと賃貸借契約を結び、売却した自宅に住み続けられる仕組みです。上手に活用すれば、老後資金を確保しつつ自宅に住み続けること、新居の頭金を確保しつつ、仮住まいへの引越しをなくすことなどができます。

リースバックは、家の住み替えに伴う問題を解決できる可能性がある仕組みです。家の住み替えを考えている方は、リースバックの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

リースバックはイエするに相談

リースバックの具体的な内容は、リースバック業者で相談すればわかります。リースバック業者の質はさまざまなので、信頼できるところを見つけることが重要です。当社「イエする」は、知識・経験とも豊富なスタッフが在籍しているリースバック専門店です。

リースバックを利用する目的や売却後の計画などをおうかがいしたうえで、お客様のご要望に沿えるようなプランを提案しているため安心してご利用いただけます。また、全国対応しているため、他社で断られた物件でもお力になれる可能性があります。家の住み替えを検討している方は、イエするにご相談ください。

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る