リースバックを活用した資産運用は老後資金の確保に最適な理由

リースバックを活用した資産運用は老後資金の確保に最適な理由

「老後資金が心配なので資産運用を検討したい」と考えていませんか。持ち家をお持ちの方におすすめしたい資金調達手段がリースバックです。このページでは、資産運用のためのリースバック活用方法とリースバックが資金調達に適している理由を解説しています。老後資金の準備などを検討している方は、確認しておきましょう。

あなたは大丈夫?老後に必要な資金を考える

リースバックを活用した資産運用は老後資金の確保に最適な理由

資産運用を検討している方の多くが、老後資金に不安を抱えているのではないでしょうか。必要な老後資金を把握したうえで、資産運用について考えることが重要です。

老後に必要な資金の目安

厚生労働省や金融審議会の発表を参考にすると、老後資金として1,300~2,000万円程度が必要と考えられます。この金額の根拠になっているのが、日本人の平均寿命と高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上)の収支です。

2019年における日本人の平均寿命は、男性81.41歳・女性87.45歳です。高齢無職世帯の収支は、毎月約5万5,000円の赤字となっています(実収入20万9,198円、実支出26万3,718円で54,520円の赤字)。

毎月5万5,000円の赤字が20年間続くと合計で1,320万円の赤字、30年間続くと合計で1,980万円の赤字になります。したがって、老後資金として1,300~2,000万円程度が必要と考えられるのです。

出典:厚生労働省年金局企業年金・個人年金課:iDeCoを始めとした私的年金の現状と課題

出典:金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書:「高齢社会における資産形成・管理」

老後資金対策として資産運用が注目を集めている

2,000万円の老後資金を、年金受給間近に準備することは難しいといえます。基本的には、老後に向けて早めに準備を進めていくべきといえるでしょう。定番の対策は預貯金ですが、預貯金は増やすことよりも貯めることを重視した守りの対策です。

老後資金が不足している場合や余裕のある老後資金を確保したい場合は、貯めることよりも増やすことを重視した攻めの対策も必要になります。攻めの対策として注目を集めているのが、資産運用あるいは資産活用です。

資産運用のためのリースバック活用方法とは?

資産運用のためのリースバック活用方法とは?

資産運用のためには、まとまった資金が必要です。資金調達手段としておすすめなのが、自宅を活用するリースバックです。リースバックの概要と資産運用のためのリースバック活用方法を紹介します。

今ある不動産を利用する

リースバックは、リースバック事業者へ自宅を売却後、新しいオーナーに家賃を支払うことで売却した自宅に住み続けられる仕組みです。リースバックの例として、自宅を1,000万円で売却して、毎月8万円の家賃を払いつつ自宅に住み続けるケースが挙げられます。

つまり、リースバックは、不動産売却と不動産賃貸を組み合わせた仕組みなのです。資産運用のためのリースバック活用方法として、次のケースなどが考えられます。

空き部屋を活用

空き部屋を活用

子どもが独立したなどの理由で自宅に空き部屋がある場合は、リースバックを利用して空き部屋を有効活用できる可能性があります。例えば、リースバック事業者に自宅を1,500万円で売却、売却代金から500万円を捻出して使用していない2部屋と玄関を賃貸仕様にリフォーム、賃貸物件から毎月5万円×2部屋の収入を得ながら毎月10万円の家賃を払いつつ自宅に住み続けることなどが考えられます。

このケースでは、毎月の家賃収入と家賃支出は均衡していますが、売却代金1,000万円が手元に残る計算になります。空いている部屋を活用して、資産運用に活用できる資金を調達できる点は大きな魅力です。すべての物件で実現できるプランではありませんが、リースバックを利用すればこのようなプランも検討できます。

あまった敷地を活用

自宅にあまった敷地がある場合は、リースバックを利用してあまった敷地を有効活用できる可能性があります。例えば、敷地面積60坪の自宅をリースバック事業者に1,500万円で売却、売却代金から100万円を捻出してあまった敷地を駐車場に変更、駐車場から毎月1万円×5台の収入を得ながら毎月10万円の家賃を払いつつ自宅に住み続けることなどが考えられます。

このケースでは、駐車場収入よりも家賃支出の方が毎月5万円多くなっていますが、自宅の売却により手元には1,400万円の資金が残る計算になります。敷地内のあまっている土地を活用すれば、毎月の家賃負担を抑えつつ資産運用の資金を調達できるかもしれません。

土地や家屋の活用には審査もあり、物件や諸条件により取り扱いができない場合もあるようです。リースバックを検討されている方は、ぜひお早めに当社イエするまでご相談ください。

リースバックを活用して投資資金を捻出

リースバックで調達した資金は、投資資金として活用できます。不動産売却で得た資金なので、資金の用途に制限はないからです。したがって、老後資金として貯えておくこともできます。ただし、物価上昇率が預金金利を上回ると、実質的なお金の価値は目減りしてしまいます。基本的には、物価上昇率が預金金利を上回る状態が続いているため、預貯金だけに頼ることはおすすめできません。

一般的には、預貯金だけに頼るよりも、株式や不動産に資産を分配しておく方が安全といわれています。例えば、国内の株価に連動している投資信託などを利用すれば、国内の経済成長に合わせて資産を増やせる可能性があります。リースバックで自由に活用できる資金を確保したうえで、資産運用方法について検討するとよいでしょう。

リースバックが資金調達に適している理由

リースバックが資金調達に適している理由

リースバックは、次の特徴を備えているため資産運用を検討している方の資金調達手段に適しています。

  • 現在の住居で生活できる
  • 現金化までがスピーディー
  • 年齢制限や用途制限がない

それぞれの特徴について詳しく解説します。

現在の住居で生活ができる

不動産売却と不動産賃貸を組み合わせたリースバックであれば、自宅を売却した後も現在の住居に住み続けることができます。住環境、生活環境を維持できるので、資金調達のために家族に負担をかけることはありません。また、引越し費用をはじめとする転居費用もかかりません。

したがって、自宅の売却で得た資金を、無駄にすることなく資産運用に活用できます。資産運用を検討している方にとって、負担の少ない資金調達手段といえるでしょう。

現金化までがスピーディー

現金化までがスピーディー

リースバックと通常の不動産売却を比べると、リースバックの方が自宅をスピーディーに現金化できます。通常の不動産売却は、自宅の現金化に3~6カ月程度かかります。これに対し、リースバックは2~4週間で自宅を現金化できます。自宅の現金化に3~6カ月もかかると、投資に適したタイミングを逃してしまうかもしれません。

次のタイミングが訪れるまで、何年も待たなければならないこともあります。自宅をすぐに現金化できるため、資産運用を目的とする資金調達にリースバックは適しているのです。

年齢制限や用途制限がない

リースバックは、申込人の年齢制限や資金の用途制限を設けていません。自由に活用できる資金を確保できるため、資産運用を目的とした資金調達に適しているのです。リースバックとよく似た仕組みとして、リバースモーゲージが挙げられます。リバースモーゲージは、自宅を担保に資金を借り入れて、借入人死亡時に自宅を売却して借入金を返済する金融サービスです。

自宅を活用して資金を調達する点は同じですが、借入人の年齢は原則65歳以上、資金の用途は原則生活資金に限定されています。資産運用の資金調達には、自由度の高いリースバックが適しています。

資金調達のためにリースバックをお考えならイエするに!

資金調達のためにリースバックをお考えならイエするに!

資金調達のためにリースバックを検討している方は、当社イエするに相談してみてはいかがでしょうか。イエするのリースバックの特徴は、お客様から必要な資金の額、お支払い可能な家賃の額をおうかがいしたうえで、お客様目線に立ったリースバックプランを提案していることです。

イエするは希望に近いご提案が可能

イエするには、不動産会社のコンサルタント実績があるベテランスタッフが多数在籍しています。物件価格、家賃価格に精通しているうえ、個別の事情に応じて総合調整できる能力を備えているため、希望に近い形でご提案が可能です。また、多くのリースバック事業者とは異なり、評価額の高低に関わらずお取り扱い可能とさせていただいております。

お手元の不動産をより良い条件で売却できる可能性があるため、イエするは資産運用を目的とする資金調達に最適です。気になる方は、お気軽にご相談ください。

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る