介護費用の目安と自宅を活用したリースバックによる介護費用調達方法

介護費用の目安と自宅を活用したリースバックによる介護費用調達方法

介護には、毎月まとまった費用がかかります。介護を見据えている方は、費用の目安を把握して対策を講じておくことが重要といえるでしょう。

このページでは、介護にかかる費用の目安を要介護度別に紹介しています。さらに、自宅を活用した介護費用調達方法も解説しています。介護と介護費用に不安を抱えている方は、確認しておきましょう。

介護にかかる費用相場の目安

介護費用の目安と自宅を活用したリースバックによる介護費用調達方法

介護にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。最初に、介護費用の目安を紹介します。

在宅介護にかかる費用は平均月5万円

公益財団法人家計経済研究所が2016年に発表した資料によると、在宅介護にかかる費用の平均は月額5万円です。具体的な費用は、要介護度により異なります。詳細は以下の通りです。

要介護度在宅介護にかかる費用(月額)
要介護度133,000円
要介護度244,000円
要介護度360,000円
要介護度459,000円
要介護度574,000円

要介護度4の費用が要介護度3よりも安くなっていますが、基本的には要介護度が上がるほど介護にかかる費用は高くなるといえるでしょう。在宅介護には、毎月5万円、年間60万円程度が必要です。

在宅介護にかかる費用の内訳

在宅介護にかかる費用は、介護サービス費用と介護サービス以外の費用に分かれます。要介護度別の内訳は以下の通りです。

要介護度介護サービス費用介護サービス以外の費用
要介護度17,000円26,000円
要介護度214,000円30,000円
要介護度325,000円35,000円
要介護度417,000円42,000円
要介護度521,000円53,000円

介護サービス費用は介護保険の利用者負担と介護保険対象外の利用者負担の合計、介護サービス以外の費用は介護食、配食サービス、介護ベッド、寝具、介護保険料、医療保険料、病院診察費、薬剤費などの合計です。介護には、介護サービス以外の費用もかかります。

出典:公益財団法人家計経済研究所:「在宅介護のお金とくらしについての調査 2016」について

介護費用の調達に有効なリースバックの概要や特徴

介護費用の調達に有効なリースバックの概要や特徴

以上の通り、親の介護にはまとまった費用がかかります。手元の資金で対応できない場合は、リースバックを利用して介護費用を調達するとよいかもしれません。リースバックは、どのような仕組みなのでしょうか。

リースバックとは

リースバックは、不動産売却と不動産賃貸を組み合わせた仕組みです。具体的には、以下のような仕組みとなっています。

【不動産売却】

  1. リースバック会社などに自宅を売却して売却資金を確保します。

【不動産賃貸】

  1. 新しいオーナーと賃貸借契約を締結します。
  2. 借主として家賃を払いつつ自宅に住み続けます。

以上を組み合わせた仕組みがリースバックなのです。リースバックの特徴をさらに詳しく見ていきましょう。

自宅を現金化して介護費用を調達

リースバックでは、自宅を売却して介護費用を調達できます。売却資金の用途に制限がないからです。介護サービス費用はもちろん、介護サービス以外の費用も調達できます。

売却価格の目安は、市場価格の7~8割程度です。具体的な金額はケースで異なりますが、この程度を目安にしておくと大きな差は生じないと考えられます。

必要なタイミングで現金化が可能

リースバックでは、必要なタイミングで自宅を現金化できます。リースバック会社などが自宅を買い取るため、一般的な不動産売却よりも現金化にかかる時間が短いからです。必要な時間はリースバック会社などで異なりますが、申込から2週間程度で現金化できることが多いといわれています。

ちなみに、当社イエするでは最短5日間で現金化が可能です。できるだけ早く施設に入りたいといった場合でも対応できます。

住み慣れた環境で生活を続けられる

現金化した後、自宅に住み続けられる点もリースバックの特徴です。リースバック利用後は借主として自宅に住み続けられるため、同じ環境で生活できます。家賃の目安は、売却価格の1割程度といわれています(年間の家賃)。

当社イエするでは、売却価格だけでなく周辺の家賃相場、売主様のご希望を参考に家賃を設定させていただいています。

リースバックの利用をおすすめしたい人の特徴

リースバックは、以上の特徴がある仕組みです。次のような方におすすめです。

  • 親の介護に必要な費用を前もって貯蓄しておきたい
  • 老後の生活費が足りない
  • 子ども達への財産分与のため不動産ではなく現金化しておきたい
  • 年金暮らしでの生活に不安を感じる
  • 住宅ローンを完済したうえで、安心して老後を送りたい

介護費用や老後生活に不安を感じる方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

優良なリースバック会社の見極め方

優良なリースバック会社の見極め方

リースバックで介護費用を調達したい方は、リースバック会社選びに注意しましょう。リースバック会社の質はさまざまだからです。専門知識を有し、的確なアドバイスができるリースバック会社を選ぶことが重要です。続いて、信頼できるリースバック会社の見極め方を解説します。

リースバックにともなう専門知識や豊富な経験を有しているか

リースバック会社を選ぶときは、実績を確認しましょう。実績豊富なリースバック会社は、十分な知識と経験を有している傾向があるからです。リースバックでは、お客様のお話をおうかがいして買取価格と家賃などを調整します。

調整には専門知識と経験が欠かせないので、実績豊富なリースバック会社は、信頼性が高いと考えられます。

リースバックを支援する弁護士などとのパイプの有無

いざというときに、弁護士などのサポートを受けられるリースバック会社も信頼性が高いといえます。トラブルが起きたときに、専門家に相談できるからです。

リースバックで注意したいトラブルとして、売却資金で住宅ローンを完済できないケースが挙げられます。弁護士のサポートを受けられれば、返済方法などについて相談できます。

長期的な視点でアドバイスしてくれるか

長期的な視点でアドバイスしてくれるか

長期的な視点でアドバイスしてくれるリースバック会社も信頼性は高いと考えられます。自宅に住み続けるため、家賃の支払いが必要になるからです。自宅の買取価格が高くても、家賃の設定が高すぎると自宅に住み続けることは難しくなります。

長期的な計画を示し、アドバイスしてくれるリースバック会社であれば安心して利用できます。

自宅の所在エリアに精通しているか

自宅があるエリアの情報に精通していることも重要です。情報が乏しいと、市場価格を買取価格や家賃に反映しづらくなるからです。気になるリースバック会社が見つかったら、自宅があるエリアで取引実績があることを確かめるとよいかもしれません。ちなみに、当社イエするは、全国津々浦々の情報に精通しています。

介護費用の調達にリースバック活用をお考えならイエするに!

介護費用の調達にリースバック活用をお考えならイエするに!

リースバックは、介護費用の調達に適していると考えられます。自宅に住み続けながら、用途制限のない資金を確保できるからです。短期間で自宅を現金化できるため、急な施設入所などに対応できる点も魅力といえるでしょう。

リースバックが気になる方は、リースバック専門店の当社イエするで相談してみてはいかがでしょうか。日本で個人向けリースバックが普及しだしたころから相談に乗ってきたため、事例情報を豊富に蓄積しています。経験豊富なスタッフが、現在の状況をおうかがいしたうえで、買取価格や家賃などを柔軟に調整させていただきます。介護費用が心配な方は、イエするにお気軽にご相談ください。

監修者情報

代表理事 山内 茂

一般社団法人リースバック協議会 代表理事 山内 茂

リースバックで、人生が豊かになった。将来の不安がなくなり安心して暮らせるようになった。消費者のみなさまから、そんな声をいただけるサービスであり続けるために、リースバックにかかわる業界の健全化・活性化を進めてまいります。

一般社団法人リースバック協議会HP:https://leaseback.network/

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る