新しい自宅の活用方法であるリースバックのメリット・デメリット

新しい自宅の活用方法であるリースバックのメリット・デメリット

新しい自宅の活用方法として「リースバック」が注目を集めています。「とても便利な仕組みと聞いたけれど、具体的にどのようなものだろう?」と感じている方がいるはずです。

このページでは、リースバックの概要を説明するとともに活用できる場面、利用にあたり知っておきたいメリット・デメリットを解説しています。リースバックの知識を深めたい方は、参考にしてください

リースバックの仕組みとは?

リースバックの仕組みとは?

リースバックは、自宅を売却して資金を作ってから、新しいオーナーに家賃を支払うことで、これまで通り自宅に住み続けられる仕組みです。簡潔に述べると、不動産売却と賃貸借を組み合わせた不動産取引の方法といえるでしょう。

また人生設計に合わせて、賃貸住宅として自宅に住み続けること、自宅を再度購入して住み続けること、一定期間だけ自宅に住み続けて転居することができます。

資金が必要な様々なシーンで活用

資金が必要な様々なシーンで活用

リースバックは、まとまった資金を確保できるうえ、資金の用途に制限がないため、人生設計やライフスタイルに合わせて活用できます。例えば、次のような方たちの活用が考えられます。

老後資金が必要になった人

リースバックは、「住み慣れた自宅を離れたくない、だけど老後資金が心配」といった方におすすめです。年金だけで生活を維持することが難しい方は、リースバックを利用することでプラスαの資金を確保できます。売却価格や手元資金によっては、余裕のある老後生活を送れます。

成約事例:年金生活の不安から売却を検討 他社の査定は想像以上に安くて…

教育費が必要になった人

リースバックは、「教育費を捻出したいものの、お子様の転校などは避けたい」といった方にも向いています。同じ環境で暮らしながら、まとまった資金を確保できるからです。これまで通り暮らせるので、お子様に余計な負担や心配をかけることはありません。

関連記事:子供の教育費はどれくらいかかる?自宅を活用する資金捻出方法を紹介

事業資金が必要になった人

事業資金が必要になった人

リースバックは、「大口契約が入り短期的に事業資金を確保したい」ケースにも向いています。資金の用途に制限がなく、資金に余裕ができれば自宅を再度購入することもできるからです。ちなみに当社「イエする」のリースバックは、法人・個人を問わずご利用いただけます。条件次第になりますが、最短5日で対応可能です。

成約事例:事業の借入資金の返済 当面の急場をしのぐ資金の手当てをしたい

医療費が必要になった人

リースバックは、「急な手術などで医療費、さらには退院後の生活費が心配」といった方にもおすすめです。資金確保後も転居を必要とせず、不動産売却よりも短期間で資金を確保できるからです。

体調が悪いときに、資金確保に時間がかかる、あるいは転居が必要になると厳しいですよね。リースバックであれば、自宅で暮らしながらスムーズに資金を確保できます。

成約事例:難病に罹った妻の治療費が必要 子どものために引っ越しは避けたい

借金返済に充てたい人

「住宅ローンをはじめとした借金の返済」にもリースバックは向いています。例えば、住宅ローンのボーナス返済が厳しいといったケースで活用が考えられます。これまで通りの環境で暮らせるので、リースバックを利用しても大切なマイホームに住み続けられます。

約事例:重かったローンのボーナス支払い 毎月の支払はなんとかできるけれど…

リースバックなら自宅売却後でも住み続けられる

リースバックなら自宅売却後でも住み続けられる

以上の通り、リースバックを利用すれば、さまざまな用途に活用できる資金を確保できます。しかも、これまでどおり自宅に住み続けることが可能です。この点が、リースバックならではのメリットといえるでしょう。住み慣れた環境で暮らせるため、自宅を売却した後も安定した生活を送れます。お子様が転校しなければならない、ご近所さんに余計な詮索をされるなどの心配はありません。

また、通常の不動産売却と異なり、引越し費用が全くかからない経済的なメリットもあります。希望すれば、売却した自宅を再度購入することも可能です。リースバック専門店である当社「イエする」では、再売買の時期に特別な制限を設けていません。お客様のご事情に合わせてプランニングいたします。

さらに、再売買価格は契約時に決定するので、景気動向などを受けて値上がりすることもありません。将来的に家を再度購入したい方にとっては、非常に利用しやすい資金調達方法と考えています。

一般的な不動産売却は自宅に住み続けられない

メリットは理解したものの、耳慣れない仕組みなので一般的な不動産売却の方が安心と感じている方がいるかもしれません。確かに、一般的な不動産売却でも、使途に制限のない資金を確保できますが、売却後も自宅に住み続けることはできません。

生活環境が激変するうえ、引越し費用もかかるため、安定した生活を送りたい方にはあまり向いていない可能性があります。

リバースモーゲージは資金用途が限られる

リースバックとよく似た仕組みとして、リバースモーゲージが挙げられます。こちらは、自宅を担保に資金を借り入れて、名義人の死亡時に自宅の売却資金で借入金を返済する仕組みです。資金を確保した後も自宅に住み続けられる点はリースバックと同じですが、資金用途は原則生活資金に限られます。

また、利用にあたり厳しい制限(年齢条件は原則65歳以上、対象物件は原則一戸建てなど)が設けられています。使い勝手は、リースバックの方が優れているといえるでしょう。

リースバックで考えられるデメリット

リースバックで考えられるデメリット

リースバックには、メリットだけでなくデメリットもあります。リースバックの利用を検討している方は、メリットばかりに注目せず、デメリットも押さえておくことが重要です。リースバックの代表的なデメリットとして、以下の点が挙げられます。

所有資産ではなくなる

リースバックを利用すると、自宅の所有権が第三者にわたります。つまり、所有資産ではなくなるのです。売却後は賃貸住宅として住み続けるので、新しいオーナーが決めたルールに従い生活していくことになります。そう聞くと不安に思われるかもしれませんが、特別な制限が設けられるケースはほとんどありません。基本的には、これまで通りの生活を送っていただけます。

またこのデメリットは、「家を所有するリスクをなくせる」と言い換えることもできます。リースバックを利用することで、固定資産税や都市計画税を支払う必要、住宅ローンの金利上昇や資産価値の下落を心配する必要などはなくなります。悪い面ばかりではないデメリットといえるでしょう。

売却価格が安くなる可能性がある

売却価格が安くなる可能性がある

自宅の売却価格にも注意が必要です。一般的にリースバックを利用すると、自宅の売却価格は市場価格の7~8割程度になるといわれています。市場価格より安くなる理由は、リースバック事業者が買い取った不動産をすぐに活用できないから。将来的な不動産価格の下落などに備えるため、市場価格よりも安い金額で買い取ることが多いのです。

ただし当社「イエする」では、お客様の必要な手元資金と支払い可能な家賃の額などをもとに、出来る限りご要望に沿えるように努力しています。実際の売却価格はケースバイケースですが、まずはご相談いただくことをおすすめします。

家賃を支払わなければならない

リースバックを利用すると、自宅に住み続けるため家賃を支払わなければなりません。具体的な家賃は、物件の売却価格、家賃相場に基づく利回りなどをもとに算出します。家賃も、将来的な不動産価格の下落などに備えるため、相場より割高に設定されることが多いようです。

当社「イエする」では、必要なお手元の資金額、支払い可能な家賃の額などをお伺いしたうえで、必要に応じてお家賃やご売却価格を総合調整しています。必ずしも、割高な家賃になるわけではないのでご安心ください。ちなみに、リースバックを利用すると、月々の支出(家賃)が定額化されるため、家計を管理しやすくなります。

メリット・デメリットを理解してからリースバックを利用しましょう

メリット・デメリットを理解してからリースバックを利用しましょう

リースバックは、売却した自宅に住み続けられる仕組みです。最大のメリットは、資金の確保と生活環境の維持を同時に行えること。資金の用途に制限はありません。希望すれば、売却後に自宅を再度購入することもできます。ただし、自宅を売却するため所有権を失います。また、自宅に住み続けるため、家賃を支払わなければなりません。

これらのデメリットはありますが、不動産売却やリバースモーゲージに比べると柔軟性が高いので、利用しやすい仕組みといえます。老後資金や教育資金、事業資金、医療費などが必要になった方は、当社「イエする」にお気軽にご相談ください。お客様のお話をお伺いし、根拠を示しつつご納得いただける条件を提示させていただきます。

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る