不動産の資産整理をするならリースバックを選択肢に入れた方が良い理由

不動産の資産整理をするならリースバックを選択肢に入れた方が良い理由

「不動産の資産整理を検討したいけど、どのような方法があるのだろう?」と考えていませんか。最適な資産整理の方法は、目的などで異なります。目的を明確にしたうえで、方法を検討するべきといえるでしょう。

このページでは、不動産の資産整理をする主な目的、不動産の資産整理をする方法などを解説しています。最適な資産整理の方法を見つけたい方は、参考にしてください。

不動産の資産整理をする目的

不動産の資産整理をするならリースバックを選択肢に入れた方が良い理由

不動産の資産整理をする目的はさまざまです。大きくは、以下の3つに分かれます。

  • 相続対策
  • 債務整理
  • 投資目的物件(の売却)

それぞれの目的について詳しく見ていきましょう。

相続対策

相続対策で、不動産の資産整理をする方は少なくありません。相続財産に不動産があると均等に分けることが難しく、多額の財産があると相続税を課される恐れがあるからです。相続対策で不動産の資産整理を行うことにより、以下のメリットを得られます。

  • 不動産を現金化することで相続人に公平に分配できる
  • 不動産を現金化することで納税資金を確保できる
  • 不動産を相続した後の維持費・管理費などがかからなくなる

以上のメリットなどがあるため、相続対策で不動産の資産整理を検討する方が多いのです。不動産の資産整理をすることで、相続の手続きをスムーズに進められる可能性が高まります。

関連記事:家の相続を考えるならリースバックを活用した生前贈与を検討しよう

債務整理

債務整理

住宅ローンの返済などに困り、債務整理の一環で不動産の資産整理をする方もいます。債務整理とは、法的な手続きにより、借金の減額などを実現する方法です。債務整理で不動産を資産整理する場合、選択肢は任意売却と競売のいずれかになります。

任意売却とは、住宅ローンなどの返済が難しくなったときに、金融機関の合意を得て、売却後も住宅ローンを残しながら不動産を売却する方法です。競売とは、住宅ローンなどの返済が難しくなったときに、金融機関の申し立てをうけて、裁判所が担保となっている不動産を差し押さえて、これを売却する方法です。

どちらの方法を選んでも、個人信用情報に延滞履歴が残る(いわゆるブラックリスト)などのデメリットがあります。任意売却や競売を避けたい場合は、早めに不動産の資産整理を行うなど、対策を講じる必要があります。

関連記事:債務整理にリースバックが最適な理由とリースバックの特徴を解説

投資目的物件

投資目的で購入した不動産を資産整理する方もいます。物件価格が上昇した不動産を売却するケース、老朽化などにより収益率の低下が見込まれる不動産を売却するケースなどが考えられます。

いずれにせよ、資産整理の目的は、投資目的で購入した不動産を現金化することです。このような場合は、売却のタイミングと販売価格の設定が非常に重要になります。専門家に相談しつつ、計画的に売却を進めるべきといえるでしょう。

不動産の資産整理をする方法

不動産の資産整理をする方法

不動産の資産整理は、いくつかの方法で行えます。主な方法として、以下の3つが挙げられます。

  • 不動産売却
  • リバースモーゲージ
  • リースバック

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

不動産売却

不動産の資産整理をする方法で、最もオーソドックスなのが不動産売却です。基本的には、不動産会社へ依頼して、買主を見つけることになります。不動産売却で重要になるポイントは、売却の目的を明確にすることです。売却の目的により、売却にかけられる期間や売却に適した時期、希望売却価格などは異なります。

例えば、相続対策の場合は、それほど急いでいないため売却にじっくり時間をかけられます。投資目的物件の場合は、売却のタイミングを慎重に見極めなければなりません。また、目的によっては、他の方法が適していることもあります。目的を明確にしたうえで、検討を進めることが重要です。

リバースモーゲージ

リバースモーゲージ

リバースモーゲージを活用して、不動産の資産整理をすることもできます。リバースモーゲージとは、自宅を担保に資金を借り入れて、借入者の死亡時に担保にした自宅を売却し借入金を返済する金融サービスです。最大の魅力は、資金を借り入れた後も自宅に住み続けられることです。そのため、相続対策などに適していると考えられています。

ただし、資金の用途が原則生活資金に限定される、住宅ローンなどの残債があると利用できない、借入者の年齢が原則65歳以上に限定されている、同居家族が原則配偶者に限定されているなどの制限が設けられています。やや使いづらいサービスといえるかもしれません。

リースバック

近年になって注目を集めている不動産の資産整理方法として、リースバックも挙げられます。リースバックとは、自宅を売却して資金を確保してから、新しいオーナーと賃貸借契約を結び、家賃を払いつつ自宅に住み続けられる仕組みです。

最も大きな魅力は、まとまった資金を確保したうえで、自宅にそのまま住み続けられることです。また、リバースモーゲージのように、資金用途・ローン残・借入者の年齢・同居家族などの条件は原則設けられていません。そのため、相続対策ほのか、さまざまな目的で活用できます。そのため、近年では不動産の資産整理方法として大きく注目を集めているのです。

不動産の資産整理にリースバックが適している理由

不動産の資産整理にリースバックが適している理由

不動産の資産整理は、不動産売却・リバースモーゲージ・リースバックで行えます。これらの中で、最も適していると考えられるのはリースバックです。その理由を説明します。

住み慣れた住居で生活できる

1つ目の理由として挙げられるのが、自宅を売った後も住み慣れた住居で生活できることです。売却資金を確保しつつ、これまでと同じ環境で暮らせます。相続対策のために、住環境を変えたくないと考える方は多いはずです。中には、住環境が変わるため、相続対策を行えないと考えている方もいるでしょう。

リースバックであれば、売った後もそのまま住み続けられるので、安心して不動産の資産整理を行えます。

まとまった資金が調達できる

2つ目の理由として挙げられるのが、自宅を売却してまとまった資金を調達できることです。相続対策として利用すれば、遺産分割をスムーズに行えるうえ、相続税の納税資金も確保できます。相続に関連する家族間・親族間のトラブルが発生する確率は、極めて低くなるでしょう。

また、調達した資金を住宅ローンの返済に充てることや投資用物件の購入資金に充てることもできます。ローン残債があっても利用できるうえ、資金用途に制限がないからです。リースバックであれば、柔軟に活用できるまとまった資金を確保できます。

現金化までがスピーディー

現金化までがスピーディー

3つ目の理由として挙げられるのが、現金化までがスピーディーなことです。具体的な期間はリースバック事業者などで異なりますが、イエするの場合は最短5日間で現金化が可能です。

できるだけ早く相続税の納税資金を確保したい、住宅ローンの返済資金を確保したい、投資用物件の購入資金を確保したいといった場合でも、安心してご利用いただけます。ちなみに、不動産売却だと、現金を調達するまで平均で3~6カ月程度かかります。

年齢制限や用途制限がない

4つ目の理由として挙げられるのが、年齢、資金用途、対象物件、同居家族などに制限がないことです。これらに制限を設けているリバースモーゲージより、幅広い目的で活用できます。

具体的には、子供と同居している自宅を売却して相続税の納税資金を確保すること、65歳未満の方が住宅ローン返済を目的として活用すること、マンションを売却して投資用物件の購入資金に充てることなどができます。柔軟に活用できるため、不動産の資産整理に最適なのです。

不動産の資産整理にリースバックをお考えならイエするに!

不動産の資産整理にリースバックをお考えならイエするに!

不動産の資産整理を行う主な目的は、相続対策・債務整理・投資目的物件の売却です。資産整理を行う方法には、不動産売却・リバースモーゲージ・リースバックなどがあります。これらの中で最も優れていると考えられるのは、自宅を売却して用途制限のない資金を確保したうえで、新しいオーナーに家賃を払いつつ自宅に住み続けられるリースバックです。

リースバックに興味をお持ちの方は、リースバック専門店のイエするまでお問い合わせください。経験豊富なプロが、お客様のお悩みをおうかがいしたうえで、具体的な提案をさせていただきます。お客様の事情に応じて細かな調整をさせていただくので、他社で断られた物件でもご希望に沿える可能性があります。まずは、お気軽にご相談ください。

まずはリースバックの無料相談

お役立ち検索

お客様満足度 98.3%

イエするの
あんしんリースバックは
全国対応

リースバックのプロが専任で
「すぐに、親身に」ご相談に乗ります。

まずはお気軽にお電話ください。

0120-06-3051 受付時間/10:00~19:00

メールなら24時間いつでも受付中。

メールでのお問い合わせ
ページ先頭へ戻る