リースバックは、自宅を売却したうえで、新しいオーナーと賃貸借契約を結び、売却した自宅に住み続けられる仕組みです。マンションでも、リースバックを利用することはできるのでしょうか。このページでは、マンション所有者が知っておきたいリースバックのポイントを解説しています。気になる方は、参考にしてください。

Before

分譲・区分所有マンションでもリースバックを利用できる?

分譲・区分所有マンションでもリースバックを利用できる?

結論から述べると、分譲マンションであっても区分マンションであっても、戸建て住宅と同じようにリースバックを利用できます。マンションを売却したうえで、賃貸借契約を結び、そのまま住み続けることができるのです。

ただし、投資目的で区分マンションを所有している場合は、メリットを感じづらいかもしれません。リースバックの売却価格は、通常の不動産売却よりも安くなることが多いからです。具体的には、市場価格の7~8割程度におさまるケースが多いといわれています。

短期間でマンションを現金化できるメリットはありますが、住居として利用する予定がないのであれば通常の不動産売却の方が適しているかもしれません。リースバックはマンションを住居として利用している方向けの仕組みといえます。

分譲マンションをリースバックするメリット・デメリット

分譲マンションをリースバックするメリット・デメリット

分譲マンションのリースバックには、メリットとデメリットがあります。以下の点を押さえたうえで、利用を検討しましょう。

After

分譲マンションをリースバックするメリット

After

売却した自宅に住み続けられる

リースバックを利用すれば、自宅を売却した後も、賃貸住宅として自宅に住み続けられます。住環境を変えずに、まとまった資金を確保したい方にとって、最適な選択肢になる可能性があります。

After

各種税金の負担がなくなる

毎年、支払っている固定資産税・都市計画税の負担がなくなることも、リースバックを利用するメリットといえます。自宅の維持にかかる税金の負担がなくなるので、家計が安定しやすくなります。

After

管理費・修繕積立金の負担がなくなる

リースバックを利用すると、マンションの管理費・修繕積立金も不要になります。新しいオーナーが、これらを負担することになるからです。基本的には、家賃の支払いだけでよくなるので、経済的な負担感は小さくなります。

After

分譲マンションを所有するリスクがなくなる

分譲マンションを所有するリスクがなくなる

リースバックを利用すれば、資産価値の下落、住宅ローン金利の上昇など、マンション所有にともなうリスクから解放されます。これらのリスクから解放される理由は、マンションを売却することになるからです。

After

分譲マンションを素早く現金化できる

現金化までのスピードが早い点も、リースバックを利用するメリットといえます。通常の不動産売却の場合、販売活動の開始から現金化まで3~6カ月程度かかることが一般的です。リースバックであれば、2~4週間程度で現金化できます。素早く現金化できる理由は、リースバック業者がマンションを買い取るため、買主を探さなくてよいからです。

After

将来的に分譲マンションを再売買できる

希望すれば売却したマンションを、再売買することもできます。リースバック業者によっては、契約締結時に再売買価格、再売買期間を決めておくことも可能です。

After

引越しの手間・費用がかからない

以上のほかでは、自宅に住み続けられるため、引越しの手間や費用がかからない点もメリットといえるでしょう。住所変更手続きなどは必要がありません。また上手に活用すれば、新居への引越しに活用することも可能です。

After

分譲マンションをリースバックするデメリット

分譲マンションをリースバックするデメリット

After

マンションの所有権がリースバック業者に移転する

あくまでも売却なので、マンションの所有権がリースバック業者などへ移転する点にも注意が必要です。売却後は、新しいオーナーが定めたルールに従い、家賃を払いつつ生活することになります。

After

マンションをリースバックすることによる管理組合との関係性

マンションをリースバックすることによる管理組合との関係性

マンションをリースバックすると、管理組合との関係が変化します。どのような関係になるのでしょうか。

After

管理組合の組合員資格を失う

リースバックの利用により、管理組合の組合員資格と議決権を失います。つまり、管理組合には、参加できなくなるのです。参加できなくなる理由として、以下の2点が挙げられます。

・管理組合はマンションの区分所有者で構成される
・リースバックを利用すると、マンションの区分所有者ではなくなる

マンションの区分所有者ではなくなるため、管理組合に参加できなくなるのです。

ただし、マンションの使用方法など、賃借人と関係のある事柄に関しては意見を述べることができます。

管理組合に参加できなくなりますが、組合員資格を失うため役員にならなくてよい、管理費が不要になるといったメリットもあります。必ずしも、マイナスばかりとはいえません。半面、役員就任を断るなどすると、リースバックしたことを周囲の方へ知られてしまう恐れがあります。誰にも知られたくない方は、注意が必要です。

いずれにせよ、リースバックを利用すると、管理組合との関係は大きく変化します。この点を踏まえたうえで、リースバックの検討を進めましょう。

After

分譲・区分マンションのリースバックをお考えならイエするに!

分譲・区分マンションのリースバックをお考えならイエするに!

分譲マンション・区分マンションでも、戸建てと同じようにリースバックを利用できます。リースバックのメリットは、住環境を変えずに、短期間でまとまった資金を確保できることです。売却価格や家賃などに注意しなければなりませんが、以上の特徴に魅力を感じる方は検討を進めるとよいでしょう。

リースバック業者選びにお悩みの方は、リースバック専門店の当社「イエする」を候補に加えてみてはいかがでしょうか。個人向けリースバックが普及しだしたころから相談に乗ってきた実績があるので、情報力・査定力・調整力に優れています。また、全国区対応しているため、エリアを問わずご相談に応じられます。分譲・区分マンションの売却を検討する際は、一度、イエするにご相談ください。

After