自宅不動産を事業資金の担保にしていたFさん。一時的な資金繰りの悪化で、借入金と住宅ローンの双方の支払いができなくなってしまったとのこと。そのままの状態が続けば自宅が競売にかかってしまいます。事業は好転する可能性が高かったので、資金を調達してしのぎたいと考えたFさんは、さまざまな方法の中から「イエする」のリースバックを選びました。

Before

このままだと事業資金の担保になっている自宅が競売に

事業をしており、事業の借入金の担保に自宅を入れていました。新しく始めた仕事の立ち上げ期で資金繰りが一時苦しくなり、借入金と住宅ローン両方とも支払いが滞る事態に。この状態が続けば、住んでいる自宅が競売になってしまうという状況になり悩んでいました。幸い新事業は軌道に乗り始めており、ゆくゆくの見通しはあります。まとまった資金を手にする必要がある、というよりは現状の支払いを何とかしたいという思いで「イエする」にご相談をしました。

After

再購入が可能と聞いて安心しました

担当の方に話を伺うと、住みながら売却できて、その後また購入が可能だということだったので、お願いすることにしました。私の事情をよく理解していただき、売却資金を手にしたうえで当面の支払いを低くお願いしたいという要望にも応えていただき、大変助かりました。迅速な対応もありがたかったですね。リースバックは予定の金額で再購入できるのが魅力のひとつ。住み慣れた家ですから、事業が安定したら再度、購入したいと思っています。