夫婦2人で年金生活をしていたAさん。先々の生活費を考えると不安ではあったものの、住み慣れたマンションを売ることには抵抗がありました。30年前に購入したマンションを担保にお金を借りられないかと不動産会社に相談すると、想像以上に安い売却価格を提示されて…。そんななかで知ったのが、「イエする」のリースバックでした。「これでダメなら売るしかない」と思い定めて相談したところ、納得いく価格と家賃が提示されたそうです。「今まで通りに生活できるのがうれしい」と語るAさんの体験談を紹介します。

Before

住み慣れた街を離れたくなかったんです

30年も住んでいるので、以前からマンション売却については頭の隅にありました。でも、息子家族が同じ町内に住んでいるので、できればこのまま暮らしたいという気持ちを捨てられなかったのです。それでも昨年になって、年金だけで暮らすのが厳しくなり、さまざまなサイトでお金を調達する方法を調べてみました。そこで見つけたのは、所持している不動産を担保にお金を借りられるリバースモーゲージという仕組みです。不動産会社に相談して、査定してもらったのですが、ショックでしたね。こんなに安いとは思いませんでした。「もう、売るしかないのか…」。諦めかけていたときに出会ったのが、「イエする」のリースバックでした。「売却して、そのまま住み続けられるならぜひそうしたい。これがダメだったら諦めよう」と覚悟を決め、恐る恐る電話してみました。

After

思っていたより高く査定していただきました

ご担当の方がいろいろ聞いてくれたので、自分が何を考えているのか、整理ができたのもよかったと思います。思っていたよりも高い売却金額で査定していただき、家賃も無理なく払えるプランでした。相談する前に、「このぐらいで売れたらいいな」と想像していた生活費プラスアルファの資金が手に入り、安心して生活できます。お金に関する不安がなくなったのはもちろんうれしいのですが、息子の家族に心配させることなく、住み慣れた街で暮らせるのが何よりもうれしいです。