6年前にご主人が亡くなり、愛犬と一緒に自宅で暮らしていたGさん。住宅ローンの支払いはないものの、ご自宅を売却した資金を手元に置いて安心して暮らしたいと考えるようになったそうです。しかし、売却後に住むための家探しをしてみると、大型犬のペットと一緒に過ごせる賃貸がほとんどないことがわかりました。どうしようか迷っていたとき、親戚に「イエする」のリースバックを紹介されたというGさんの体験談です。

Before

大型犬と暮らせる賃貸探しに苦労

住宅ローンは、主人が亡くなった時に完済となりました。それでも年金だけでは心もとなく、自宅を売ってまとまったお金を作り安心して暮らしたいと考えたのです。ところが、いざ次に住む賃貸を探してみると、大型犬を飼える物件がなかなか見つかりません。以前、家を買い換えたときに売却に1年ほどかかり、非常にストレスを感じたことを思い出しました。もう2度とあんな思いはしたくないので、スピーディーに売却できればと思いながら不動産会社を探す日々が続きました。

After

迅速に売却できてストレスなし

これといった不動産会社になかなか出会えず、何かいい方法はないかと親戚に相談したら、リースバックを紹介してくれました。「イエする」の担当者に、住み続けながらすぐに売却できるというのは本当かと聞いたところ、丁寧に説明してくれました。「安く売られるのは困る」「時間がかかりすぎるのは嫌だ」という私のわがままも受け止めたうえで、納得いくプランを提示してくれました。